2023年9月 9日 (土)

「ログラインのつくり方」を解説した電子書籍の新刊が発売になりました!!

今日2023年9月9日に、Amazonの電子書籍Kindleにて筆者の新刊、

『「ログライン」で生み出す物語のアイディア発想法+ログラインテンプレートVol.1付き』

が発売になりました!

また、発売を記念しまして、

9月10日(日)17:00~9月13日(水)16:59までの4日間、無料キャンペーンを実施します!!




Log-line-cover

【内容紹介】

この本は、物語のアイディア発想法として非常に注目を集めている「ログライン」についてその理論と活用方法を、初めての人にもわかりやすく解説したログラインの入門書です。

ログラインの基本、面白いログラインのメカニズム、ログラインのつくり方、ログラインを使ってストーリーを発想する方法を解説しています。

また、誰でもかんたんにログラインがつくれて、ログラインづくりを実践的に学べる教材としても役立つ「ログラインテンプレートVol.1」も収録しています。

次のような内容が書かれています。

【目次】



はじめに

第一章 「ログライン」て、何?

 物語の面白さの土台「ログライン」をつくろう!
 面白いログラインは、どうつくる?
 ポイント1:「面白い組み合わせ」をつくる
 ポイント2:「意外性」を盛り込む
 ポイント3:「あらすじ」を書かない
 まとめ

第二章 ログラインに「人物のドラマ」を盛り込もう!

 物語には「ストーリーの面白さ」と「ドラマの面白さ」がある!
 人物のドラマには「五つの種類」がある!
 人物ドラマはログラインの「誰が」の部分に盛り込まれる!
 人物ドラマ種類別のログライン基本形式
 物語制作の途中でも「人物ドラマの種類」を変更できる!

第三章 実践! ログラインをつくろう

 ステップ1:自由に「着想」を得る
 ステップ2:「面白い組み合わせ」をつくる
 ステップ3:ログラインの面白さを「練る」
 最初にログラインをつくるメリット

第四章 「読者が求める物語」をつくろう!

 ログラインをつくるために「もう一つの大切なこと」とは?
 ①「どんな読者に向けてつくるか」を決める
 ②「ターゲットの読者が興味を持つ要素、共感できる要素」を盛り込む
 ③ターゲットの読者の中で、「さらに特定の趣味趣向の読者に向けた具体的な要素」を盛り込む
 ④「その読者層と馴染みがないもの」を一つプラスする
 ⑤その作品の「長文タイトル」をつくってみる

第五章 ログラインからストーリーをつくろう!

 面白い物語は「三つのストーリー(段階)」で、できている!
 一つの物語における「三つのストーリー」のつくり方

特別付録 ログラインテンプレートVol.1

 ◎ログラインテンプレート:「ムチャブリ」
 ◎「ムチャブリ」の基本テンプレート
 ①「とんでもない仕事、辞令のムチャブリ」
 ②「もっとも苦手なこと、やりたくないことをさせられるムチャブリ」
 ③「ウソの強要/ウソをごまかすムチャブリ」
 ④「同居/隣人ムチャブリ」
 ⑤「家族になるムチャブリ」
 ⑥「子育て経験のない者がいきなり親になる」
 ⑦「継父母の連れ子ムチャブリ」
 ⑧「求愛、求婚のムチャブリ」
 ⑨「引っ越し、転居のムチャブリ」
 ⑩「進級/進学/入部/就職/入隊/配属のムチャブリ」
 ⑪「教える、指導するムチャブリ」
 ⑫「別人になりすます、偽装、潜入のムチャブリ」
 ⑬「ムチャな代役」 
 ⑭「リスクのあるムチャブリ」
 ⑮「スカウトムチャブリ」
 ⑯「必要なものが足りない、ない状況で行動させられる」
 ⑰「職業倫理に反するムチャブリ」
 ⑱「犯罪、法に触れるムチャブリ」
 ⑲「とんでもない相手と戦わされるムチャブリ」
 ⑳「スーパーヒーローに選ばれるムチャブリ」
 [ストーリーの拡げ方]

あとがき

ぜひ、お買い求めいただけますよう、よろしくお願い申し上げます!

また、このログラインについての書籍はシリーズとして、
「ログラインテンプレートコレクション(仮題)」という形で順次刊行する予定です。
楽しみにしていただけましたら幸いです。

| | コメント (0)

«近況報告