トップページ | ■vol.2 『「キャラクター」「ストーリー」「設定」の関係性』 »

2011年4月30日 (土)

■vol.1 『面白い物語をつくるために必要なもの』

001kisohennnew

◇面白い物語をつくるには

面白い物語をつくるにはどうすればよいのでしょうか。人はどういう物語を面白いと感じるのでしょうか。物語のどんなところを面白いと感じるのでしょうか。人に面白いと感じさせる要素は何なのでしょうか。

◇面白さとは何だろう?

面白さの正体

物語にはいろいろな種類の作品があり、ターゲットとなる読者や視聴者の層も様々です。しかし、そんな千差万別の物語を読んだり観たりした時に人が面白いと感じる時にはだいたい次のような感想を抱くようです。

・     感動する
・  泣ける
・    このキャラ好き! 憧れる!
・    ハラハラ,ドキドキ,先が読みたい!続きが気になる!どうなるんだろう……?
・    ワクワクする
・    不思議な体験
・    スカッとする
・    アッと驚く結末
・    おかしくて笑っちゃう!(ギャグ,コメディーなど)
・    こんな世界(業界・知識・文化・時代)があったのか……
・    ハッピーエンド
・    癒される                           

などなど。

人は,物語の中でこれらのことを感じれば,面白いという感想を抱くようです。

では,これらの要素を思い浮かべながら,つぎのことを考えてみましょう。

◆単なる趣味のスポーツの試合(草野球や同好会など)と,プロの試合,部活動など学生の試合(甲子園とか、地区大会・全国大会などの公式戦)とでは,どちらが面白いでしょうか。

◆また,それはなぜでしょうか。両者にはどのような違いがあるでしょうか?

……さて,どうでしたか?おそらく,以下のような答えが思い浮かんだのではないでしょうか。

(選手たちの魅力,競技技術の高さ,試合展開の面白さ,倒すべき敵,背負っているもの,舞台の大きさ・規模,背景の事情,人物同士の関係,様々な人物の思惑,利害関係,ファンとの関係などなど……)

では,もう一問です。

趣味の単なるスポーツの試合を面白くするには,どうすればいいでしょうか。どのような要素を描いていけばいいでしょうか。

ぜひ,考えてみてください。

思い浮かびましたか。どうやら,それらのことが「面白さ」と関係があるようです。では,それらの要素をつきつめて考えていくと,どのような要素が浮かび上がるでしょうか。

 

◇面白さをつくりだす3つの要素

さて,前記の事柄をまとめると,次の三つの要素に集約していきます。

◎キャラクターの魅力

◎ストーリーの展開

◎設定(舞台・世界観・物語上の仕掛け)

最終的に,人が面白いと感じることはこの3つに結実していきます。
実はこれらが『面白さの正体』なのです。

この3つの要素が,“面白い”という感想をお客さんにもたらします。
つまり,面白い物語を作り出す上で必要不可欠な3つの要素なのです。

面白い物語を作るには,この3つの要素に焦点を当てて作っていく必要があります。



では,本講の最後に演習をやってみましょう。

演習

自分の好きな物語作品(マンガ,アニメ,小説,映画,ドラマ等)を一つ選び,どこが(何が)面白いと感じるのか「キャラクター・ストーリー・設定」の3つの要素に焦点を当てて読んでみましょう。3つの要素と面白さの関係性を探ってみましょう。

参考:序章 面白い物語をつくろう! の記事

■vol.1 面白い物語をつくるために必要なもの

■vol.2 「キャラクター」「ストーリー」「設定」の関係性

■vol.3 面白い物語をつくる方法

■vol.4 あなたはどんな作品をつくりたいのか?

|

トップページ | ■vol.2 『「キャラクター」「ストーリー」「設定」の関係性』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503239/39806066

この記事へのトラックバック一覧です: ■vol.1 『面白い物語をつくるために必要なもの』:

トップページ | ■vol.2 『「キャラクター」「ストーリー」「設定」の関係性』 »