« ■vol.20 キャラクターを「掘り下げ」て深みを出そう! | トップページ | ■vol.21 「ストーリー」のつくりかた »

2011年5月25日 (水)

物語は誰でも作れる!?

物語作りは才能ではなく「技術」である!!

「作品を作るのに必要なものは才能やセンスである」という言葉はよく耳にします。確かに才能やセンスはあった方がいいですが、実は面白い物語を作るために必要なものは才能でもセンスでもありません。
面白い物語を作るために必要なものは「技術と知識」、すなわち「作り方を知っているかどうか」ということなのです。
物語作りは「技術」なのです。

つまり、

「物語の作り方」さえ知っていれば、誰でも物語を作ることができる!

のです。

しかも、「面白い物語」を。

では、物語を作る技術とはどんなものなのでしょうか。

物語作りは料理に似ています。
料理のおいしさを決める要素は2つあります。
1つは「食材の良さ(新鮮さ、おいしさ)」、もう1つは「料理をする人の腕の良さ」です。
料理は、いくら食材が良くても料理する人がヘタだとおいしい料理はできません。また、いくら料理をする人の技術が高くても、食材が良くなければおいしい料理はできないです。

物語もそれと同じです。物語の「素材」と「料理法」の両方が合わさってはじめて「面白い物語」が出来上がります。
物語の食材・素材とは「アイディア、ネタ」「キャラクター」「シーン」「設定」「ストーリー展開」です。料理法とは「構成」「会話」です。
この2つの要素を作るための方法が物語を作る技術です。
物語は「物」「語る」ものです。表現したい材料である「物」の良さと、それを「語る」巧みさ、上手さ「物語作りの方法論」なのです。
本講座では、この2つ要素を作っていく具体的な手順・方法をご紹介しています。順を追って説明してありますので、講座を進めていけば自然と物語作りも進んでいくという仕組みになっています。

「才能」は、作る数をこなすことで伸ばせます。「センス」はいろいろな分野の良いものに触れることで磨けます。
そして、「物語を作る技術」は、本講座から得られるのです!! (エッヘン)

|

« ■vol.20 キャラクターを「掘り下げ」て深みを出そう! | トップページ | ■vol.21 「ストーリー」のつくりかた »

■お知らせ・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503239/40128274

この記事へのトラックバック一覧です: 物語は誰でも作れる!?:

« ■vol.20 キャラクターを「掘り下げ」て深みを出そう! | トップページ | ■vol.21 「ストーリー」のつくりかた »