« ■vol.21 「ストーリー」のつくりかた | トップページ | ■vol.23 「はじまり」と「おわり」をつくろう! »

2011年5月26日 (木)

■vol.22 物語に必要な「12の要素」

0022

◇物語に必要なものとは?



物語には「ストーリーの展開を決めるための要素」が必要

5W1Hを描くことで,どんな物語なのかをお客さんに伝えることができることを学びました。

さて,実際に物語を作っていくには5W1Hのうちの「だれが」「なにを」「なぜ」「どのように」「(その結果)どうなった」の部分を詳しく決めていく必要があります。

なぜなら,「いつ」「どこで」は状況の説明であり,「だれが」「なにを」「なぜ」「どのように」「(その結果)どうなった」が物語のストーリーの展開の部分だからです。



物語に必要な要素とは何か?

 おもにエンタメ系の物語というものを一言でいうと,

『キャラクターが登場し,事件が起こって状況が悪化し,それを解決するために人物が行動し,その結果がどうなったのかを描いたもの』

ということができます。

つまりは「状況の変化」と「人物の心情と行動」,その「過程と結果」を描いたものが「物語」だといえます。



◇「物語に必要な12の要素」を決めれば物語の筋ができる!



そこで,「状況の変化」と「人物の心情と行動」,その「過程と結果」を描くためには「物語に必要な12個の要素」が決まれば,これらを作る事ができます。以下がその12の要素です。

≪物語に必要な12個の要素≫


①「はじまり」
②「事件」
③「人物」
④「動機」
⑤「行動」
⑥「3つの障害」
⑦「心の変化のきっかけ」
⑧「心の変化」
⑨「テーマ」
⑩「絶体絶命の大ピンチ」
⑪「解決方法」
⑫「おわり」    


これらが揃えば,物語を作る事ができます。

これ以降の課で,段階を踏んで,一つひとつ詳しく学んでいきたいと思います。

 

参考:第3章ストーリーをつくろう! の記事

■vol.21 「ストーリー」のつくりかた
■vol.22 物語に必要な「12の要素」
■vol.23 「はじまり」と「おわり」をつくろう!
■vol.24 「事件」が「悪い状況」を引き起こす!
■vol.25 「誰が」「何を」するのか!
■vol.26 「動機」を描こう!
■vol.27 「3つの障害」をつくって、メインの問題の解決をジャマしよう!
■vol.28 登場人物の「心が動く瞬間」を描こう!
■vol.29 「テーマ」とは、なんぞや?
■vol.30 「テーマ」はクライマックスに組み込もう!
■vol.31 クライマックスで主人公を谷底に突き落とそう!
■vol.32 「解決方法」の3つのパターン
■vol.33 12の要素をまとめて、ラストで解決する問題を決めていこう!

|

« ■vol.21 「ストーリー」のつくりかた | トップページ | ■vol.23 「はじまり」と「おわり」をつくろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503239/40134038

この記事へのトラックバック一覧です: ■vol.22 物語に必要な「12の要素」:

« ■vol.21 「ストーリー」のつくりかた | トップページ | ■vol.23 「はじまり」と「おわり」をつくろう! »